不動産担保ローンは無担保のローンに比べ金利が安い

所有している不動産を担保にして借り入れをする不動産担保ローンは、無担保のローンに比べると、不動産の価値にもよりますが、金利が安く、融資額が大きい、長期の借り入れが可能などのメリットがあります。

融資額の内容は所有している不動産の価値により違ってきます。

不動産担保ローンに返済方法によりはいくつか種類があります。

変動金利型、固定金利型、長期固定金利型の三つに分けることができます。

変動金利は景気により金利が変動するもの、固定金利は景気に左右されずに固定されているものです。

変動金利は景気がよくなれば金利は下がり、景気から悪くなれば金利が上がる、というものです。

不動産担保ローンの場合に限らず、借り入れをするには必ず金利がついてきます。

1社だけでなく複数の業者の金利、その他の内容をよく比較するのがいいですね。

不動産担保ローンは無担保のローンに比べ金利が安く、返済期間がく設定されています。

不動産担保ローンの金利は、不動産の評価額や業者の設定によって違いますが、な金利の相場は7%~15%と言われています。

返済期間は20年から30年と長期間の借り入れが可能になっています。

不動産担保ローンを利用しようとする場合、複数の業者を比較するのがいいのですが、中には悪徳業者も存在します。

その業者が信用できる業者かどうか見極めるには、登録貸金業者の登録番号を確認することをおすすめします。

ローンなどの貸金業務を行う場合、国から許可を得て登録する事が義務づけられているからです。

■参考リンク:登録貸金業者情報検索入力ページ